サスメド、DeSCヘルスケアが不眠治療用スマートフォンアプリを共同開発 ~ 医療機器認可を目指して臨床試験を9月から開始 ~

2016年9月12日

サスメド株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役・医師:上野 太郎(※1)、以下「サスメド」)とDeSCヘルスケア株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大井 潤、以下「DeSC」)は、不眠治療用スマートフォンアプリの企画・開発について業務提携契約を締結しました。
また、スマートフォンアプリの将来的な医療機器としての認可を目指して、公益財団法人神経研究所附属晴和病院など医療機関の協力を得て9月から臨床試験を開始します。

■ 提携について
サスメドおよびDeSCは、日本における睡眠薬の使用量が諸外国に比べて多いという現状認識を共有し、こうした社会的な課題を解決するため、非薬物療法である認知行動療法(※2)のアルゴリズムを使用したスマートフォンアプリ(以下「本アプリ」)の開発を行い、本アプリが不眠症を治療可能な医療機器として認可されることを目指して共同で取り組むことに合意しました。
本アプリの開発にあたっては、サスメドが主に本アプリ全体の製品企画と医学的知見の活用を担い、DeSCがユーザーインターフェースおよびプログラムの開発を担当します。
更にサスメドでは、本アプリを医療機器として製造販売するために必要な申請手続きを行い、将来的に本アプリが医療機器として不眠症治療に利用されることを目指します。
なお、DeSCでは、一連の臨床試験、申請手続きにおいて本アプリの開発・保守・運用を中心にサスメドを支援すると共に、本業務提携で得られる知見や資産を、現在健康保険組合向けに提供しているKenCoM(※3)サービスにも活用していく予定です。

■ 臨床試験および医療機器認可へ向けた取り組みについて
医療機器認可に向けた最初の取組みとして公益財団法人神経研究所附属晴和病院および社会医療法人芳和会くわみず病院と連携し、本アプリのプロトタイプを用いた睡眠改善効果検証のための臨床試験を9月から行う予定です。

※1 上野 太郎(医師・医学博士)経歴
2006年 東北大学医学部卒業
2012年 熊本大学博士課程修了
睡眠医療に従事するとともに、日本学術振興会特別研究員、東京都医学総合研究所
主席研究員として睡眠の基礎研究を実施。
2015年 サスメド株式会社設立
[専門分野]
睡眠学、分子生物学、遺伝学

※2 複数の技法を組み合わせ、個人の認知や行動に働きかけることで病態を改善する治療法です。数多くの医学研究により、その有効性が実証され、治療中止後の長期的効果としては睡眠薬に勝るとされます。米国国立衛生研究所による不眠症治療のガイドラインでは、認知行動療法が第一選択とされています。

※3 「KenCoM(ケンコム)」は、健康に関心のある方はもとよりあまり関心のない方にも、自身の健康増進に興味を持って積極的に取り組んでいただけるサービスです。利用者の健康診断情報を取り込み、結果を時系列で管理・閲覧ができるほか、1人ひとりの健康度に応じて最適かつ有用な情報の提供などを行っており、厚生労働省が推進する「データヘルス計画」に取り組む健康保険組合とともに健康・予防事業に注力し、将来的には1,000万人以上の方にご利用いただくことを目指しています。

■ サスメド概要
会社名 :サスメド株式会社
代表者 :代表取締役・医師 上野 太郎
所在地 :東京都文京区
URL :http://susmed.co.jp/
設立 :2015年7月
資本金 :10百万円
事業内容:医療関連事業における開発およびその協力、医療情報のサーチ・提供

■ DeSCヘルスケア概要
会社名 :DeSCヘルスケア株式会社(ディーエスシーヘルスケア)
代表者 :代表取締役社長 大井 潤
所在地 :東京都渋谷区
URL :https://www.desc-hc.co.jp/
設立 :2015年3月
資本金 :100百万円(出資比率 DeNA:51% 住友商事:49%)
事業内容 :健康レコメンデーションメディア「KenCoM」の運営を中心とした
各種ヘルスケア事業

本件に関するお問い合わせ先
DeSCヘルスケア株式会社
経営企画部
お問い合わせフォーム